娘とお化けの仁義なき戦い


子供がありとあらゆるドアを閉めていくので困っています。
我が家があるところは自分で言うのもなんですが割りと田舎のほうで、
あまり無用心なこと気にせず、
近所でもドアを開けっ放しにしている家の方が多いくらいの土地です。


とくに夏の間は冷房代の節約にもなるので、
風通しがいいように家中の窓やドアをあけているのですが、
それを小学校低学年の娘が端から閉めていってしまいます。

去年まではそんなことは無かったのですが、
どうやら最近夏恒例の怖い話というのをネットで勝手に見たらしく、
お化けが入ってくるのを恐れての行動のようです。


夏のまっ昼間からでるお化けなど聞いたことが無いのですが、娘はどこからか
お化けが侵入してくると本当に信じているようで、
開いたドアを見るなりぷりぷり怒って閉めていきます。
暑いから開けといて、
といっても嫌の一点張りで、ほとんど開ける、閉めるの競争のようになっています。

更に性質の悪いことに娘は私がこっそり窓を開けているのを、
お化けの仕業だと勘違いしている節があり、そんなことを繰り返しているうちに
ますます意固地になってしまいました。

仕方が無いのでボーナスでエアコンを買い、このごろは締め切りで過ごしていますが、
かなり快適なのでこれはこれでありかもしれません。