社会に出てから進む准看護の道



看護学校の募集を見ると、どの学校にも社会人入試という項目があります。

准看護師募集などの求人を見て、医療系の仕事に関心を持たれた方。
自分自身が病気で看護師の方にお世話になり、その道を目指す方。
ほかの専門学校などを卒業するが就職難のため、受験をする方。
働きながら子育てをする中、十年後、二十年後も働いていける仕事に
就きたいと考えた方。
介護の仕事に就き、看護師の仕事に関心を持たれた方。

一般入試に比べ社会人入試は狭き門。
私も受験したことがありますが、
数人の募集に対して50人以上の方が受験されていました。

私の場合は准看護師の志望でしたので、比較的楽に入学する事が出来ました。
正看護師さんは本当に大変だと思います。



まだ20代前半の方から、スーツを着た40代の男性。
子育てが終わられた40代の方。


受験される方にもいろいろな理由があって、看護学校を受験されています。


最初に就職した場所に定年まで勤務される方も多くいらっしゃいますが、
女性となると、勤務先や職業によって、
その仕事を辞めざるを得ないこともあります。

結婚される方であれば、旦那様の仕事の関係や子育て。

一旦社会から離れ、育児に専念しなければいけない状況。


新たな道を進むための最初の場所。

実際に学校に入学し、高校卒業された人達と一緒に
勉強されている方。

生き生きとしていました。


社会人の方でも、少しでも関心があれば
オープンキャンパスに参加されるではいかがでしょうか。

楽しそうに案内をされている生徒の人達、
教室の空気に触れる。


社会に出て、これからの人生を考えたとき、
ほかの環境に身を置いてみる。

いつもの自分の考えとは別の選択肢が
見つかるかもしれません。