酔っぱらいのつぶやき

今日のお夕飯は何にしよう?



今日はダンナさんが取引先の飲み会でいないので、
子どもたちと3人の夕食です。
ウチにとって、ダンナさんがいないことってめずらしいんですよ。
真面目な人であまり飲みにいかないですし、
仕事柄、あまり飲み会は開催しないんですよね。
子どもたちも、お父さんがいないと何でいないの?と
気になる様子なんです。

飲み会がなく、早く帰ってきてくれると
子どもたちの面倒をみてくれるので助かるのですが、
たまにはお夕飯を思いっきり手抜きしたい!
という衝動にかられるんですよね。
お夕飯を家族そろって食べられるというのはとても幸せな事だとは思うんですけれど・・。

ただ、毎日のことですからね、
ちょっと気を抜きたいというのかな?
自由な時間がたくさん欲しいなんて、ワガママ感情が芽生えるというか、
そんな風に思っちゃうんですよね・・。
主婦にとって、夕飯作りは結構負担ですし、なによりも
洗いものが大変!
みんながくつろいでいる間も、やることがたくさんありますし。

だから、今日は絶好のチャンス!
ちょっとした自分へのご褒美だと思っていますよ!
子どもたちに希望を聞いて、思いっきり手抜きをしちゃおうかな?と考えています。
今から、なににしよう?とあれこれ調べまくっていますよ!


子供が夏休みにボランティアに参加してきました



毎日、暑い日が続いています。
我が家には中学3年生の娘がいます。

今、受験生として、慣れない勉強に苦戦しているとこなんです。
去年まではお弁当を持って毎日暑い体育館で部活に励んできました。
部活を引退した今、塾の時間以外は自由な時間を手に入れたんです。

せっかくの夏休みですから、
ちょっと違う体験をしたいと友達とボランティアをすることにしたんです。
私は知らなかったんですが、
私の住んでる町ではいろんなボランティア体験が出来るようなんです。
見てみたら、保育園や幼稚園や老人施設のボランティアや農作業のボランティアなど
たくさんあるようなんです。

ちょうど、自分達が卒業した幼稚園でボランティアを募集していたので「やってみれば~」
と言ったら、2人の答えは、「子供は生意気だから嫌だ~」
一番生意気な中学生にこんな事を言われるとは思っていませんでした。

結局「ブルーベリー」の農家に3回ボランティアに行くことになったんです。
行ってみたら、小さい子供を連れた親子連れなどたくさんいたそうなんです。
そこのブルーベリーは全て無農薬で育ててるそうで、雑草を刈ったり、
ブルーベリーを摘んだりしたそうです。

ボランティアが摘んだブルーベリーは福島に送られるそうで、
娘達は、無農薬のブルーベリーに虫がいないか確認してパック詰めまでしたそうです。

お店では綺麗なブルーベリーが並んでいるけど、
ここまでにするのはすごく大変なんだということを子供達は実感したようなんです。

そして、なんとお土産に1パックブルーベリーをいただきました。
粒が大きくて甘いブルーベリーでした。
子供達が頑張った話を聞いてるだけに、とても貴重なものに思え、大事にいただきました。

ボランティアを受け入れてくださる農家の方も大変だと思います。
貴重な体験をさせて頂き、お土産までいただいて感謝の一言です。
今度の日曜日が最後のボランティアで子供達は楽しみにしています。

こんなに気軽にボランティアが出来るのなら、今度は私も参加してみたいと思っています。